私について

私のことを少しお話しましょう...

私は子供の頃でさえ、人生の中で天と地の間には多くの人が思っている以上のものがあることに疑いの余地はありませんでした。物質的なものを中心とした一般的な機械的な人生観は、愛情がなく、限定的なものであると感じました。だから、世界や人生とは何なのか、本当は何なのかを知るために、この見方の先にあるものすべてに興味を持ち始めたのが早かったのです。その後、私は瞑想を始め、超心理学、宗教、シャーマニズム、神智学、秘教に興味を持ちました。西洋哲学や東洋哲学を学び、禅や日本の美術に魅せられていたので、日本学も勉強していました。その傍らで合気道を学び、15年間楽しく稽古してきました。時が経つにつれ、私はスピリチュアルな、世俗的なトレーニングを数多く受け、中でもトランスパーソナル統合ゲシュタルト・セラピーのトレーニングを受け、クリヤ・ヨガを集中的に練習し始めました。私は数年間、ベルリンで成人教育センターを運営していました。

徐々に私の中には、この世のすべてのものがそれぞれの場所を持っている世界の精神的な見方が発達していきました。パズルのピースが増えてきて、拡大した人生の絵をまとめるのに役立ちました。これらのパズルのピースのいくつかは、教師として私のところに来たものもあれば、猫として来たものもありますし、神経学や量子物理学の最新の科学的知見のように、他の形で来たものもあります。

時間が経つにつれ、私は人生について多くのことを学びましたが、それでも私は探していました。2005年、私はインドで極端なスピリチュアルな突破口を経験し、自分の人生のさらに深いレベルを明らかにしました。これが私の人生を根底から変えてくれました--それ以来、私はもう探すことはせず、ただ見つけて楽しむだけの人生になってしまいました。

xx

Weite2

 

その後の数年間でスピリチュアルなエネルギーについて多くのことを学んだ私は、自分のスピリチュアルワークを始め、数百回のイベントでこの素晴らしいエネルギーを伝えていくようになりました。私はドイツ、オーストリア、イタリア、スイス、トルコ、インド、フランス、スペイン、オランダ、イギリス、スウェーデン、ブルガリアで文字通り何千ものエネルギー伝送を行ってきました。それがどのようにして意識の拡大につながり、受け手や自分自身に癒しをもたらすのか、数え切れないほどの生の姿を目の当たりにすることができ、私にとっては非常に勉強になりました。

私のスピリチュアルは、日常生活の今この瞬間に焦点を当てています。私は地上の喜びに感謝し、ベルリンの真ん中でパートナーシップを結んで生活し、素晴らしい子供たちの幸せな父親です。私にとっても、必要なときに地に足のついた方法で自分の権利を守るために立ち上がることは、精神的には全く矛盾していません。私のスピリチュアルなエネルギー源とのつながりが、私に力を与えてくれています。

著作権 © ウルリッヒ・ラスゲバー 2015-2020。  すべての権利は留保されています。